格安スマホ アドレス

格安スマホで携帯キャリアのアドレスを使えるか

MVNOのSIMを差した格安スマホの場合、携帯キャリアのドメインがついたメールアドレスを使うことができません。

そのため、メールをするためにはフリーアドレスなどを取得する必要があります。

友人や知人などとメールをするというだけであれば、フリーメールでもまったく問題ありませんが、携帯キャリアのメールアドレスで本人確認を行うサービスを使う場合は、携帯キャリアのガラケーと二台持ちするなど、対処する必要があります。


また、格安スマホの場合、携帯キャリアのマイページにログインすることができない関係で、利用者が18歳以上であるという証明ができません。そのため、18歳以上の人が使えるアプリの機能などが使えない場合があります。

ただ、対処方法がないわけではなく、たとえば、携帯キャリアのSIMを友人などから借りて、格安スマホに差し込み、それで携帯キャリアのマイページにログインして18歳以上であることを証明するという方法があります。


この方法の場合、実際に18歳以上を証明したのはSIMを貸してくれた人ということになりますが、スマホのアプリを提供している側はそのことを見抜くことができないので、裏技的に可能なわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です